私の家での通信環境は「フレッツ光ネクスト ファミリー」プランでした。

しかし実は、同じ値段で月々の値段も変わらず家での工事の必要も無く、下りのスピードが理論値2倍の200Mbpsになる「フレッツ光ネクスト ハイスピード」というサービスが有ります。

「フレッツ光ネクスト ファミリー」ユーザーは、切り替え工事費2100円が別途発生します。

月々の料金が変わらないならと挑戦することにしました。

切り替えが終わった後、ONU(回線終端装置)の電源をいったん切って再起動させる必要があります。

結果は以下の通り。

ブロードバンドスピードテスト
通信速度測定結果 www.bspeedtest.jp/ v3.0.3
測定時刻 2012/09/23 13:05:01
回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows 7/東京都
サービス/ISP:フレッツ光ネクスト ハイスピード/So-net
サーバ1[NTTPC(WebArena)] 152Mbps
サーバ2[ さくらインターネット ] 66.1Mbps
下り受信速度: 152Mbps(19.0MByte/s)
上り送信速度: 65Mbps(65.2Mbps,8.15MByte/s)
診断コメント: フレッツ光ネクスト ハイスピードの下り平均速度は59Mbpsなので、あなたの速度はかなり速い方です!おめでとうございます。(下位から95-100%tile) 80Mbps以上出ており、超高速です。心よりお祝い申し上しあげます。

満足のいく結果は出ました。

体感は全く変化ナシですけどね。

なぜ今まで手を出さなかったかと言えば我が家のネット環境に少々問題があるからです。

我が家は各部屋にLAN端子が装備されています。

そして、その工事をしたのはもう10年以上も前。

なので、家中に張り巡らされているケーブルは「カテゴリー5」です。

「カテゴリー5」のケーブルは100Mbpsのスピードまでしか対応しておらず、それ以上のスピードで使用する場合は、ノイズの影響で通信環境が不安定になる恐れがあります。

101Mbps以上に対応したケーブルは「カテゴリー5e」や「カテゴリー6」と呼ばれる規格のケーブルで、中身は「カテゴリー5」と変わらないのですが、ノイズを防ぐシールド加工がされています。

つまり、基本的な構造は「カテゴリー5」でも同じなので「フレッツ光ネクスト ハイスピード」に挑戦した、ということです。

一応、ルーターからONU(回線終端装置)までのケーブルと、デスクトップパソコンから壁のLAN端子までのケーブルだけは「カテゴリー6」にしました。気休めですけど。

他の端末は無線LANです。

心配なのは家庭のノイズ環境でしたが、結果は御の字。

不安定ということもありませんでした。

家のケーブルが「カテゴリー5」である以上、1Gbpsのサービスにしても、これ以上のスピードは出ないでしょうねえ。

今回の成功は、あくまで「偶然」であり、みなさんにオススメできる方法ではありません。

私の環境のようなフレッツ光ユーザーが安易に「同じ値段なら」と飛びつけば失敗する可能性は低くはありません。

もし挑戦するなら自己責任でお願いします。

しかし、通信環境が整えられるなら、チャレンジしても損はないですよね。値段は一緒ですし。

必要な通信機器はWAN側LAN側が1Gbpsに対応したルーター。

ルーターは圧倒的にNECがオススメ。特にコレ。

Hubが必要ならHubも1Gbpsに対応したもの。

Hubは有線ネットワークの安定性で結構重要な役割を果たしています。できればこういった安心できる製品を。

ケーブルは「カテゴリー6」が無難でしょう。

無線LANは今回のようなパターンで不安定になるとかということは無いですが、スピードを活かすならIEEE802.11 n対応の通信機器が必要ですね。

どちらにしても「損は無い」のは既存のフレッツ光ユーザーであって、新規で光を考えているならauひかり だよなあ。

値段はフレッツと変わらないのにスピードは5倍から10倍(理論値)で、固定電話やスマートフォンの通信費まで安くなる。

auのスマホならiPhoneが選べるわけだしね。

フレッツ光の利点は地デジのアンテナが安く済むことかな。

ケーブル経由だから電波乱れる心配もないね、フレッツの地上波アンテナ。

 

こういった高速サービスにする場合の注意点を挙げるとするなら

1つは、プロバイダの問題。

プロバイダが高速通信に対応しきれない遅い設備しか無いプロバイダなら、いくら200Mbpsや1Gbpsのサービスにしても早くはならないでしょう。

もう1つは周りの環境の問題。もし隣の人がもの凄いヘビーユーザーで重いデータ通信ばかりをしている人だったら、200Mbpsや1Gbpsのサービスにしても早くならない可能性はあります。

マンションなんかでは良く発生する問題ですが、フレッツ網を共有するシステムの場合は戸建でも同じく発生する可能性は十分あります。

とはいえ、隣人の問題は考えすぎても解決のしようがないので、気をつけるのはプロバイダの問題ですね。

私はSo-netなので、まあSo-netはオススメできますが他は最近「速い」って聞くプロバイダが見つかりませんねえ。

昔はIIJやDTIが有名だったけど・・・