米Googleは25日、Android 4.1搭載7型タブレット「Nexus 7」を国内で発売することを発表しました。

用意されるのはストレージ16GBモデルで、店頭予想価格は19800円。すでに、Google Playストアを通じて購入できますね。

OS:Android4.1(Jelly Bean)
ディスプレイ:IPS液晶7インチ 1280×800(WXGA)
サイズ(mm):198.5(長さ)×120(幅)×10.45(厚さ)
重さ:340g
CPU:NVIDIA Tegra3 QuadCore
RAM:1GB
ROM:16GB
バッテリー:4325mAh(連続稼働約10時間)
カメラ:1.2メガピクセルフロントカメラ
通信:Wi-Fi b/g/n
機能:NFC,加速度センサ,地磁気センサ,ジャイロセンサ,GPS

店頭発売は10月2日。

ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ベスト電器、上新電機、コジマ、ケーズデンキ、エディオン。

iPad mini、Kindle Fire HD、Nexus 7、Kobo Arc

の中で「Nexus 7」が真っ先に国内で販売されたことには驚きです。

それも19800円とは。

バカ売れの予感。

発売当日以外は、在庫切れも恐れも。

逆にKinfle Fire HDは日本では終わってしまったかもしれません。

ただでさえKindle Fireは本国アメリカで性能の中途半端さから不評なのに、Kindle Fireよりスペックが上がったとはいえ相変わらず中途半端な仕様のKinfle Fire HDが「Nexus 7」より後に発売して、売れるわけが無い。

 

あと、Kobo Arc。

仮にも親会社が楽天という日本企業なのに、国内販売で「Nexus 7」より出遅れるって。

これも日本ではかなり不利になりましたね。

16800円とかの値段じゃないと日本じゃ売れないでしょうね。

 

「Nexus 7」の主なスペックは

クアッドコアのTegra 3に最新OSのAndroid4.1

Kindle Fire HDはAndroid 4.0でデュアルコア。まあamazonの話だと「Nexus 7」以上の性能のデュアルコアらしいですけどね。

IPS液晶に9時間の動画再生可能な4325mAhバッテリー(Kindle Fire HDはバッテリー性能を公表して無い)。

電話回線の無いタブレットに必要か微妙ですがGPSだって付いてます(Kindle Fire HDは無し)

欠点はSDカードなどの外部メモリが内蔵できないことと高画質な背面カメラが無いぐらい(120万画素の前面カメラはありますけど)。

その欠点だって、Kindle Fire HDもKobo Arcも同じでしょう。

まあ、アメリカ本国と同じくKindle Fire HDを16800円ぐらいで売れば勝負にはなるかもしれないけど、仮に3000円程度の差なら、性能も上だしGoogle純正を買いますよね、普通。

Kindle Fire HDもKobo Arcも「Nexus 7」より早く発売するしか、日本での勝ち目はなかったと思います(iPad miniなら後発でも十分勝負になるでしょうが)。

だから絶対Kindle Fire HDの方が先に発売されると思っていました。

 

ココは素直に「よくやったGoogle」と言いたい。

 

amazon NEXUS 7用オススメ保護フィルム

amazon NEXUS 7用オススメ保護ケース