GoPro HERO3

アクションカメラの代名詞的製品「GoPro HEROシリーズ」の最新モデル

GoPro HERO3

が日本でも発売されることになりました。

12月5日発売だそうです。

アクションカメラがどんなカメラか、簡単に説明しますと

小さくて丈夫で防水機能も追加できて、サーフボードに付けたり、ヘルメットに付けたり、普通のビデオカメラでは難しい迫力ある映像を録るためのカメラです。

最近日本でも流行り始めてきてます(たぶん)

このジャンルを切り開いてきたのが『GoPro HERO3』というわけです。

この最新モデルの特徴は

4K動画が15fpsで録れる

4K動画とは3840×2160というフルHDの4倍の解像度がある綺麗な動画のこと。

最新型のテレビしか対応して無いですよね。

まあ、4Kテレビ自体が現在普及してないし普及しそうもないし15fpsということで、この機能はオマケ程度に考えて良いでしょう。

すごいのは

日常的に使うであろう動画撮影時のスペック強化

1,920×1,080ドット/60p、1,280×720ドット/120fps、WVGA/240fps

1,920×1,080ドット/60pは「待ってました」の機能ですね。

動きのある映像をとる事を主としているカメラですから、60/秒コマは動画の滑らかさを得るために効果的。

1,280×720ドット/120fpsとかWVGA/240fpsはスローで使うのに面白そうですね。

静止画機能

0.5/1/2/5/10/30/60秒間隔の連続撮影

1200万画素写真を3/5/10/30fpsで撮影するフォトバースト

なんかが楽しめます。

その他

音声はモノラルマイクにオートゲインコントロール機能が付いています。

さらにステレオミニのイク入力も備えています。

動画で一番大切なのは実は音声で、音声がひどい動画は観るのが苦痛です。

マイク機能の充実は嬉しいところではないでしょうか。

microSDカードは最大64GBまで対応。

バッテリーは取り外しができるので劣化したら交換が可能。持続時間は約2時間。

ハウジングが付属してるんで60mまで潜れます。

Wi-Fiは標準装備になったが嬉しいですね。

前モデルはオプションだったのでWi-Fiキットを付けると、せかっくの小型化が台無しでした。

そのWi-Fiを利用したリモコンも付属。これは使いやすそうです。

国産も色々出揃ってきたアクションカメラですが、やっぱり『GoPro HERO3』が大本命になりますね。

YouTube Preview Image