当サイトはWordpressを使用して運用してます。

他にも色々CMSを試してみたんですけど、Wordpressが一番ラクです。

「CMSによって得意分野がある」と言いますが、何も解らない素人が手を出すことを前提に考えれば、どの分野でもWordpressがラクと言ってしまっても問題ないぐらい。

理由は「他のCMSに比べ日本語化されているプラグインが圧倒的に多い」です。

これはCMSの優秀さ以前の問題で、色んなトラブルに直面したとき、Wordpressのありがたみを感じる部分です。

私はそんなWordpressの運用を、ある程度コストがかかる高速サーバで運用しています。

その理由は

『サイトの表示が遅いとユーザーは見なくなる』

というシンプルなモノです。

例えば

  • グーグルの検索結果の表示が0.4秒遅れると検索数が一日あたり800万件減ってしまう
  • ウェブサイトの表示に4秒以上かかると、ユーザーの25パーセントがそのサイトの閲覧をあきらめる
  • モバイルユーザーの50パーセントは、ウェブサイトの表示が10秒以上かかるとそのサイトを見るのをあきらめる
  • ショッピングサイトが3秒以内に表示されないと40パーセントはそのサイトを離れる
  • アマゾンドットコムはウェブサイトの表示が1秒遅くなると、年間で16億ドル(約1300億円)を損失する可能性がある

などなど、表示速度がサイトの良し悪しに直結するんです。

とはいえ、ランニングコストは安く済ませたいもの。

そんな私の目に止まったのがWordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

WordPressに特化することで「高速化」と「低価格化」を実現できているようです。

なおかつ、

1契約で10個のWordPress運用が可能。

私の今のサイトは倍の値段で5個しか運用できない…。

よっぽど大規模なSNSサイトを運用するんでない限りWordpressで十分だし、使えるテンプレートも有る。

だったら、Wordpressが速くてランニングコストが安い『wpXレンタルサーバー』が得かなあ。