HX-A100のファームウェアのバージョンアップはHX-A500にある機能の追加がメインです。

バージョンアップのやり方は、ファームウェアをダウンロード→解等し、回答したものをmicroSDにコピーしHX-A100に入れる。そしてWi-Fiボタンとフォトショットボタンを押しながら電源を入れる。

 

割と重要なのは

■ループ記録モード追加

■Delay Recモード追加

■マイク設定追加

■傾き補正モード変更

でしょうか。

 

ループ機能というのは、動画を撮り続け、1時間を超えたら古い映像から削除されていくという機能。Rec OFFしてから過去1時間分の録画が撮れている。この設定は1280×720しか選べないので使い勝手が悪い。

Delay Recは録画ボタンを押してから3秒後に録画がスタートする機能。録画ボタンを押すときは下を向いてたりすることが多いので、割と便利。

マイク設定はマイクのON/OFF機能。音なしの動画を撮る場合に使う。

傾き補正は、今までON/OFFしかなかったものがOFF/標準/強になった。強は今までのONと同じ効果しかない。標準は今までのONよりも軽い補正という意味。これはHX-A500でも一緒。HX-A500の傾き補正はHX-A100と同じ。HX-A500の方が上だと勘違いしていた人は要注意。私は勘違いしていた。

設定はスマホのアプリを最新版にしてからする必要がある。HX-A500は本体ディスプレイがあるから本体のみでできますけどね。

このバージョンアップでHX-A100もだいぶ使いやすくなった。

とはいえ、HX-A500の本体ディスプレイは使いやすい。録画済み動画を再生できないディスプレイですけどね。