今年の渋谷ハロウィンで良く目にした光景がありました

それは

「自撮り棒」なるものを使って写真を撮る若者が多かったこと。

iPhone付属のイヤホンの音量ボタンでカメラのシャッターが押せるので、そこらへん有効活用してましたね。

渋谷のハロウィンは一緒に撮りたい人を見つけても

混雑していて写真撮るスペースが確保できなかったり

撮ってくれる人を探さなきゃいけなかったり

写真を楽しむ上での苦労ってのがあるんですが

去年、それを経験した若者が

その経験を活かして今年に望んだ様子が伺えます。

 

「一緒に撮ってくださーい」

からの

棒を伸ばしてイヤホンケーブルでパシャッ!

 

とてもスマート