Wi-Fi経由で直接アップグレード、特に問題ナシ

アップデート直後にSafariがもたついてイライラすることもない

再起動でフリーズすることもない

アップデートから1時間後のWi-Fi接続時のスピード – 下り35.19Mbps,上り25.19Mbps

前回 iOS8.1でアップデートから1時間後のWi-Fi接続時のスピードは下り32.45Mbps,上り28.27Mbpsだったので、Wi-FIでも特別な変化はなし。

今回のiOS 8.1.1アップデートはiPad 2とiPhone 4Sのパフォーマンス改善が含まれているらしいですが、iPad2上で1時間、これといった変化を感じることはありませんでした。

違いは、アップデート直後に安定したいたことぐらい。iOS 8.1の時は、アップデート直後30分は重かったし再起動もフリーズしかけたり、少し混乱する部分がありました。

Safariの改善を期待ししましたが、これも変化を感じませんでした。

例えばタブを3つ以上開くと遅くなる感じ。iOS 8.1.1でも大体似たようなものです。タブを多く開いた時、微妙に表示速度が上がってる気もしますが、たぶん気のせいだと思います。タブの数による表示の重さは、iPad2のメモリの少なさが原因だと思いますで、前のバージョンがよっぽどヒドイ場合でもない限り、バージョンアップで劇的に改善するものでもないでしょうね。

とりあえず

何の変化も無いというか、普通で安定しています、iPad 2と iOS8.1.1