ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」

  • HOME »
  • »
  • »
  • ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」

 

 

nasne(ナスネ)™ オフィシャルサイト

 

簡単接続簡単設定

接続や設定は、家でLANを構築している人であれば説明書が無くても問題ないレベル。

アンテナケーブルが届く範囲であればテレビの側に置く必要もありません。

アンテナ端子は入力1出力1で、どちらも地上波/BS/CSの3波混合端子になっています。地上波とBS/CSがセパレートになっている場合は、混合器で1つのケーブルにまとめてください。

 


ネットワーク端末とは思えない高レスポンス

nasneで録画した映像をテレビで観る場合、基本的にプレイステーション3+torneが必須だと思ってください。

torneでnasneを操作していても、torne本体を操作するのと変わらないぐらい軽快に操作できます。

ただし、その快適さを得るために有線LANは必須です。無線LANでは不快に感じるレベルの遅延が頻繁に発生するという報告が多く挙がっています。

有線LANであれば100Mbpsでも十分快適な環境になります。

 

nasneを更に快適にする〔CHAN-TORU〕〔S-Entrance〕

nasneは「CHAN-TORU」というWEBベースのアプリケーションを使用し、スマフォやタブレットから予約録画ができます。

これがかなり快適です。

torneでの操作も軽快で快適ですが、私は「CHAN-TORU」から予約録画したほうがラクでした。特に検索機能がtorneより使いやすいです。

torneで検索するのに文字を打つのは、キーボードないと面倒ですからね。スマートフォンやタブレットで文字入力したほうが番組検索がラクです。

「CHAN-TORU」を使えば、外出先からも予約録画が可能になります。

またiOS/Android用アプリとして「CHAN-TORU」と同機能の〔S-Entrance〕というアプリがあります。

〔S-Entrance〕の方がアプリな分、僅かに使い勝手が良いですかね。

S-Entrance – AppStore

 

S-Entrance – Google Play

 

あまり使い物にならない『省電力モード』と、優秀な省電力性能

nasneの「省電力モードは、デフォルトがOFFになっています。理由はたぶん、「省電力機能」をONにすると「CHAN-TORU」や「S-Entrance」が使えないからででしょう。

他にもいくつかの機能が「省電力モード」ON時に制限されます。

「CHAN-TORU」や「S-Entrance」は一番嬉しい機能といっても良いぐらい便利なので、できれば「CHAN-TORU」を優先して「省電力機能」はOFFにしたいですね。

9月から電気代が上がるっていうのに「省電力モード」が使い物にならないのは残念な仕様です。

では実際、nasneはどれぐらい電力を消費するのでしょうか。

省電力モードONでスタンバイに移行した場合 1.5W

電源ON時は、最大で9.5Wです。

ちなみにプレイステーション3は、初代で180W強、最新モデルで70W弱ですね。

だいたいLED電球1つを24時間付けっぱなしにしたと考えると解りやすいでしょうか。

省電力モードOFFで1ヶ月の電気代が大体110円ぐらいかな。省電力モードONだと、録画や再生する時間にもよるだろうけど1ヶ月50円ぐらい?

この差と「CHAN-TORU」の便利さ、どっちを選ぶか、という判断になると思います。

nasneは消費電力が少ないですね。

できるだけtorneでは録画せず、nasneを優先した方が電気代の節約につながるでしょう。

 

外付けHDDが増設可能。ただし注意点も

nasneもtorne同様、外付けHDDを増設できますが、torneと違う部分が1つだけあります。

torneはNTFSとFAT32にパーティション分けされたHDDでもFAT32の部分だけ使えますが、nasneはFAT32の1パーティションじゃないと使えません。

また、「省電力モード」がOFFだと外付けHDDの電源も24時間落ちない可能性が高いので注意ですね。

 

torneの欠点を全て補うヒット商品

nasneは、torneの「2番組同時録画ができない」「BS/CSが録画できない」などの欠点を全て解消してくれる製品として、発売前から話題でした。

出荷時のトラブルでオリンピック期間を逃したのは残念でしたが、実際に使用した感想は前評判どおり、想像通りの素晴らしい製品です。

今後はスマートフォンでの視聴の選択肢が広がるかもしれないという期待もあり、ますます注目されるかもしれません。

torneも発売直後は品切れ状態が続いたように、nasneもそうなる可能性は高いですね。

 

SPEC

本体サイズ mm…43×189×136
本体重量…460g
内蔵HDD容量…500GB(SATA 2.5 inch)
消費電力…録画中 or 2ストリーム配信時:9.5W、省電力モードスタンバイ時:1.5W
メディアストレージ機能…DLNA1.5対応、ファイルサーバー機能
チューナ…地上/BS/110度CSデジタル×1基
端子…LAN(1000BASE-T/100BASE-TX)、USB2.0
その他の機能…Webブラウザアプリケーション「nasne HOME」、外付けハードディスク対応、他

※映像出力端子は備えておらず、録画した番組はネットワーク経由でプレイステーション3などの対応デバイスに出力する。

 

パッケージ

 

正面

 

側面

 

 

上部

 

背面

 

内容物一覧

 

amazon

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © シャベリゾン.JP All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.