正しい?ハミガキ術

1日何回歯を磨けば良いのかは食生活にもよると思いますが、磨きすぎで歯を傷つけている人も多いと聞きます。

特に、電動ハブラシで研磨剤入りのハミガキ剤を使って歯を傷つけている人が多く「電動ハブラシを使用する際は研磨剤ナシのハミガキ剤かハミガキ剤を使用せず歯を磨いてください」との歯医者さんの説明をポータルサイトのニュースで見かけました。

なので、私はメーカーに問い合わせてみました。

電動ハブラシを製造しているメーカーは

私どものブラシは歯を傷つけない柔らかさで作っており、歯を傷つける原因は研磨剤入りのハミガキ剤によるものが多いようです

ハミガキ剤を作っているメーカーは

私どもの練りハミガキ剤に使用している研磨剤は、歯の表面より柔らかく歯を傷つけることはありません

とのこと。

はたしてどちらが正しいのでしょうか?

私の経験から言わせてもらいますと、100%ブラシ側が悪いです。

と言っても、ブラシの品質に問題が有るわけではありません。磨くときにチカラを入れすぎて歯を傷つけているんです。

これはもう、研磨剤云々ではありません。

例えハミガキ剤を使用していなくても、歯を傷つけます。歯茎も削っていきます。(ちなみに、歯が乾いた状態でハミガキしても歯の表面は削れます。ハミガキはクチの中を濡らしてからが基本)

そういう磨き方をする人が多いと言うことです。

自分の口臭を気にするあまり、念入りにゴシゴシとブラッシングする人が増えたからでしょうね。

つまり

電動ハブラシで歯を傷つけている人も研磨剤のせいではなく、電動ハブラシのパワーが強すぎるか使い方を間違っているかのどちらかです。

いまどきのハミガキ剤、歯を削るような研磨剤の入った粗悪品は、少なくても日本メーカーでは考えられません。

ですから断言します。

歯を傷つけているのは、間違ったブラッシングかパワーのありすぎる電動ハブラシのせいです!

 

では、私がどのようにして歯を磨いているか。

まず、朝起きたらすぐに歯を磨きます。研磨剤入りの練りハミガキ剤で。

使用しているブラシは

デンターシステマ ライオンハブラシ 超コンパクト

この歯ブラシの毛先は最高です。あくまで私個人の感覚ですけどね。

そして、コンパクトなのが更にイイ!

 

朝起きてすぐ歯を磨く理由は、睡眠中に口内に繁殖した菌を除去するためです。

朝起きたばかりの口内は、15gのウンコがクチの中に入っているのと同じ状態です。

私はそんな状態で朝御飯を食べたくないので、朝起きたらすぐに歯を磨きます。

朝イチに練りハミガキ剤を使うのは研磨剤の効果を使って歯を白くするためです。

液体ハミガキ剤だけでは、虫歯にならなくても歯は黄ばんでいきますよ。

ブラッシングにチカラは入れませんが、多少時間をかけます。

ここで注意点を1つ。

歯を磨いた後はあまりよくすすがず、20分から30分ぐらいは食事をしないでください。

ハミガキ剤の効果を定着させるためです。

あまり入念にすすぎすぎるとハミガキ剤の成分が流れてしまうので、適度なすすぎでOKです。

ハミガキの虫歯予防効果の9割はハミガキ剤によるもの」という説を私は採用しています。だから、あんまりチカラを入れて磨かなくてもイイです。

ハミガキ剤をクチ全体に行き渡らせることを目的にする感じで磨いてください。それほど近年のハミガキ剤は進化しました。ハミガキ剤を使用しないハミガキは歯を傷つけるだけです。

さて、朝食前に歯を磨いたら朝食後のハミガキがどうしましょう?

会社に行くのに食後の歯磨きをしないのは気になりますよね。

そんな時に私が使うのが

クリニカ 長時間ピュアコート 900ml

もしくは

薬用GUM デンタルリンスGA 960ml

でもOKです。

先ほど話したとおり、ハミガキの虫歯予防効果の9割はハミガキ剤なので、液体ハミガキ剤でクチ全部にハミガキ剤の効果を行き渡らせることを目的に、コレでクチをゆすぎます。

そして、1分以内の軽いブラッシングでササーっと済ませます。

朝イチのハミガキに時間をかけたブラッシングをしていますので、食後は軽いブラッシングで十分です。液体なのでハミガキ剤は口内の隅々にまで十分行き渡りますからね。

注意点としては、最低でも食後20分はハミガキしないでください。歯が傷つきやすいです。

あと、チカラ入れてブラッシングしないでね。

 

昼も夜も、ハミガキは朝食後と同じです。

食後20分以上経ってから液体ハミガキ剤を使い、軽くブラッシングです。

軽いブラッシングで良い理由は、起きているときはクチの中が乾燥しにくく菌の繁殖は就寝中ほど進まないからです。

口臭も就寝中ほど臭くなったりはしません。

それでも口臭が気になる人は、こまめにウガイするか水を飲むかして、クチの中を乾燥させないようにしてください。

口臭はクチの乾燥が原因である場合が多いです。

 

以上が私の「ハミガキ術」です。

コレまでのハミガキ全体を通して言えることは「歯を傷つけないように磨く」ということ。

虫歯予防や口臭予防はハミガキ剤に任せて軽めのブラッシングをオススメします。

もちろん、研磨剤が歯を削ると言う説を強く否定はしませんが、ブラッシングの仕方が悪ければ、どんなハミガキ剤を使っても使わなくても歯が傷ついていくことは間違いありません。

 

ここで1つ問題が。

実は、歯垢というのはとても頑固で念入りにブラッシングをしないと落ちないのです。

軽めのブラッシングばかりで大丈夫なのか?と不安に思う人も多いでしょう。

朝一番に丁寧にブラッシングしていれば問題は無いはずですが、もし心配なら2ヶ月に1回程度、歯医者さんで定期的にお掃除してもらうことを強くオススメします。

つまり

自分でする歯磨きは、歯を傷つけないように軽く

磨き残しは歯医者さんできれいサッパリ

ここまであわせての「ハミガキ術」なのです。

いかかでしょうか?

 

追記

最終的に歯がダメになる原因のTOPは「歯周病」のようです。

ここまで「虫歯予防」や「口臭予防」「歯を傷つけないように」と書いてきましたが「歯周病予防」となると、更なるケアが必要になります。

一番の予防は口内環境を整えることでしょうか。

「タバコ」や「食後に歯も磨かずに寝る」とかとんでもないのは当然ですが、間食もヤバイですね。

3時間以上食べない飲まない時間を作ることで口内環境を整えるのはよく言われている方法です。もちろん、水や緑茶など菌の繁殖の手助けをしない飲み物はOKですが。

食前にキシリトール入りガムを噛むことで、おなかをすかせた菌どもがキシリトールを吸収し食事中の糖分を吸収しにくくなるので口内環境を整えるのに効果的との説もありますが、未知数です。

定期的に歯医者さんで検診するのは、歯周病予防の観点からも良いと思います。

amazon

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © シャベリゾン.JP All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.