私がNikon Z6を持って出かける時に使用するバッグ

新しいカメラバッグを見つけましたので、この記事は過去のモノです。


カメラバッグって悩みますよねー

特に

「ちょっとお出かけ」

くらいの時に使うカメラバッグ。

私の場合は「ちょっとお出かけ」くらいでもNikon Z6を持って出るので、さらに迷います。

「ちょっとお出かけ」で使いたいバッグのタイプは「斜め掛け」のバッグ。

理想は、カメラ用ではないバッグにインナークッションを入れて使う感じ。

しかしコンデジやマイクロフォーサーズ機とは違い、フルサイズとなるとミラーレスとはいえ気軽に使えるバッグの選択肢は減ってきます。特に「マチ」のサイズが足りなくて選択肢から外れることが多い。

で、探していくうちに「やっぱりカメラ用のバッグにしようかなあ」って考えちゃう。

ただ、やっぱりカメラ用バッグってなんか違う。

カメラ用のバッグじゃない方がイイ、「ちょっとお出かけ」くらいなら。

そんな時に見つけたのがコレ

ただのトートバッグ

それも安い。

カメラ用ではないので生地もかなり薄い。

ただ、フルサイズミラーレスを入れるのに十分なマチのサイズがある(14cm)。

なので、これにインナークッションを入れてカメラバッグとして使っています。

私が入れたインナークッションはコレ

横幅もマチもトートバッグの底のサイズより1cmずつオーバーしているのでギュウギュウ詰めになってしまいます。

なので別のインナークッションをオススメしますが、まあなんとか入りました。

インナークッションに入るカメラ機材は

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S付きのNikon Z6と他にレンズ1本。その1本はFTZ付きAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDの長さまで入ります。

それじゃ足りないと思う人はいると思いますが、斜め掛けバッグでカメラを持ちだす場合は重くしないことが鉄則。

カメラ本体にレンズ2本くらいがちょうど良いと思います。

カメラとレンズを入れてもまだ高さに余裕があるので

他に、iPad mini 5、カメラ用予備バッテリー、財布、スマートフォン、くらいは余裕で入ります。折りたたみ傘も入るかな。

ショルダーベルトの細さが気になる人もいるとは思いますが、私は気になりませんでした。気になるほどの重さにならないようにしているからだと思います。長さは十分です。

口にボタンが1個ついてるのは地味に嬉しいかな。

ボタン1個じゃ荷物が飛び出るのを防止する効果が大してあるワケじゃないんだけど、それでも有るのと無いのでは大違い。

都内はこのトートバッグで出かけています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください