私が写真のレタッチでペンタブレットを不要だと思っている理由※追記アリ

写真をPhotoshopでレタッチするうえで欠かせないもの

高性能のパソコンとキャリブレーションされた高性能のモニター

そして、ペンタブレットです。

レタッチ作業が細かくなればなるほどペンタブレットは必要になってきます。

特に、ポートレートをメインにしているカメラマンにとってはほぼ必須なアイテムです。

しかし私は不必要だと思っております。

その理由は

PhotoshopのiPad版に期待しているからです。

あくまで私が想像しているiPad版Photoshopは

パソコン版Photoshopの機能がほぼ使え

Creative Cloudを通してパソコンとiPadのデータのやり取りがスムーズに行われるハズ。

となれば当然

iPadはペンタブレット代わり、どころか液タブ、液晶ペンタブレット代わりになります。

それどころか、これまでのペンタブレットでの作業をはるかに超える利便性をもたらしてくれるんじゃないでしょうか。

もちろん、すでにペンタブレットを持っているなら今まで通り使っていくのが良いとは思いますが

これからペンタブレットを買おうと思っているなら

私はiPad版Photoshopを待ちますね。

※Adobe Photoshop for iPadが出たので感想を書きました。

 

私が写真のレタッチでペンタブレットを不要だと思っている理由※追記アリ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください