人物撮影をするときに私が気をつけていること(きっと誰でも気をつけていること)

喋りながら楽しい雰囲気でシャッターを押す時は

ISO感度が上がってもシャッタースピードを上げる

私はNikon Z6で1/200秒以上

動きながらなら1/400秒以上

もしそれでISO感度がかなり高くなる場合は

レタッチで露出のプラス補正耐性がかなり落ちる気がするで、どんなにISO感度が上がってしまっても適正露出(自分が必要とする露出)で撮る。高感度撮影時に予定より暗くなってしまった写真のレタッチは、難しい。

できるだけISO感度を低く抑えたい時(シャッタースピードが遅くなりそうな時)は

シャッターを押す合図以外は喋らないで撮る。

そして相手に「ちょっとシャッタースピードが遅くなるから黙って慎重に撮るねー」的なことを伝える。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください