Z6でAF-Sの意味はあるのか?

先ほどのブログをよく読むと気になる点が出てきます

ZシリーズのハイブリッドAFは

途中まで像面位相差AFを使い、最後の部分でコントラストAFを使って正確にピントを合わせる

ワケではなく

可能な限り最初から最後まで像面位相差AFを使い、

どうしても像面位相差AFが動かない場面ではコントラストAFを使う

という仕様の可能性があります。

勘違いしがちなのは

AF-Sなら特に、像面位相差AFで素早くピントを動かし、最後のところでコントラストAFを使って正確にピントを合わせる

という仕様なんじゃないか

という部分。

使ってみた感想は、噂通りコントラストAFは動いてない。たぶん像面位相差AFのみ。

そこで気になる点なのですが

(ピンポイントAF以外で)AF-Sを使う意味ってあるんだろうか

という疑問。

いやまあ

それを言ったら一眼レフでもAF-Sを使う意味ってあるのか?

って話になってくるだけど

実際問題

一眼レフではAF-Sを使ってこなかった。

一眼レフを使っていた際のサポートセンターの説明だと

AF-Sの方がAF-Cより正確にピント合わせを行っている

という説明だったが

使っていてそれを実感したことが無い。

それはZ6でも同じ気がする。

ハイブリッドAFなら最後はコントラストAFを使って正確なピント合わせをする、特にAF-SならきっとコントラストAFを積極的に使って正確にピントを合わせる

と思っていたけど

どうも違うみたいだから

だったらAF-Sの意味って?

という疑問でした。

あ、

意味がありました。

AF補助光はAF-Sじゃないと発光しませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください