Lightroom Classic バージョン8.4でNVIDIA Quadro P400がどれくらい意味あるか、という話の追加情報

Lightroom Classic でGPUがどれくらい意味があるのか

という話の追加情報

前回のブログでは

『GPUの設定をONにする際、設定は「自動」にしている』

と書いたが

その詳細。

GPUの設定を「カスタム(完全グラフィックアクセラレーションが有効)」にした場合

Windows10のタスクマネージャで

「専用GPUメモリ使用量」が満杯ちかくまで上昇し(といっても7割程度だが)共有GPUメモリ使用量まで使用されることになる。

共有GPUメモリまで使用されるとなるとパフォーマンスに悪影響が出るかもしれない。

私が前のブログで

「カスタム(完全グラフィックアクセラレーションが有効)」だと補正ブラシで塗り作業をする際、ブラシの反応が鈍く感じた」と書いたのも、共有GPUメモリを使用した状態であることが原因かもしれない。

なので

NVIDIA Quadro P400(もしくはGPUメモリ2GBのGPU)を使う際のLightroomの設定は

「自動」

がベストだと思う。

ちなみに

PhotoshopのGPUの設定は

「標準」でも「詳細」でも使用される専用GPUメモリの量に変化は見られなかった。

「標準」の方が「選択とマスクワークスペース」でマスクを操作するときの反応速度が微妙に良い気がしたので「標準」にしているが、あまり意味がない気がする。

Windows10のタスクマネージャでGPUの占有率をみても「標準」と「詳細」の差はなく15%程度

LightroomとPhotoshopを同時起動することがほとんどなので非力なNVIDIA Quadro P400の性能を考えると一応「標準」にはしているが、LightroomでのGPU設定と違い明確な根拠はない。

これは非力なNVIDIA Quadro P400であって、高性能なGPUであるなら

Lightroomは「カスタム(完全グラフィックアクセラレーションが有効)」

Photoshopは「詳細」が良いだろう。

高性能なGPUの基準は

グラフィックスメモリが4GB以上

と言いたいところだが

余裕をもって5GB以上かな、と思う。

つまり

NVIDIA Quadro P2000以上だ。

 

Lightroom Classic バージョン8.4でNVIDIA Quadro P400がどれくらい意味あるか、という話の追加情報” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください