50mmと85mmの単焦点、どっち買おうか迷った時に考えること※追記アリ

■歪み

大体70mmより上の望遠になると歪みの心配はなくなるので、ポートレートでは85mmの方が安心なのは間違いない。

では、どんな時に歪むのか。

それは距離が近い時と上下に角度がある時。

角度に関しては85mmでも歪みは気になることがあるので、あおり等の角度を付ける時で歪みを抑えたいなら100mm以上がイイ。

なので、85mm と 50mm の比較では角度の問題は無視ということで。

問題は距離。

歪みが気になるのは人物の顔を撮影するときが多いと思いますが、顔のアップを撮るくらいの距離で50mmと85mmの歪みの差が出ます。

ただし

横構図で撮ると、歪みの差はだいぶ縮まります。被写体を同じ大きさで撮る場合、横構図の方が距離が必要になりますからね。

つまり

顔のアップの撮影が多いのであれば85mmですが、そうでなければ50mmは85mmの役割を含むことはできる。

■ボケ

被写体を同じ大きさ同じF値で撮る場合、当たり前ですが85mmの方がボケます。

ここで私の個人的な問題になるのですが

ニコンFマウントレンズ使用時は画質面の問題で開放で使うことが少なく

85mmだとF2.2以上で使っていました。

ところがZマウントレンズの画質は異次元で、F1.8開放が余裕で使えます。

なのでZマウントの50mm F1.8開放ならFマウントレンズの85mm F2.2くらいのボケの感じで使えます(85mm F2.2の方がぼボケは大きいですが代わりにはなるかな、という意味で)。

その上で、逆光時やフリンジ等の問題がZマウントのレンズは凄く抑えられている。

この点でZの50mm単焦点はFマウントの85mmの役割を含むことはできる。

もちろん、Zマウントレンズの85mm F1.8開放はもっとボケるワケですが。

予算があるなら

Zマウントの85mmを一本と35mmより広角(35mm含む)の単焦点を一本買います。

ただ、予算的に一本しか買えないのであれば50mmの単焦点で35mmと85mmの役割も担ってもらうのは可能だと思います。

85mmに比べて50mmの良いところ

街撮り(人物撮影を含む)での汎用性が高い。

特に東京のサイズ感だと

撮りたい構図で何故だか85mmでは距離が足りないなあ、と困ることが多くあり50mmが欲しくなる。

また、構えない写真、歩きながらの撮影など気軽な撮影は85mmより50mmの方が撮りやすい。

あと、夜の街での人物撮影も50mmの方が撮りやすい。

総括

最高の画質で人物写真を撮りたい

という場合においては85mmの単焦点が良い。

しかし、それ以外の点においては50mmでも85mmの代わりになるし、

しっかり構えて最高の画質の人物写真を撮るという面で置いても多くの構図で85mmの代わりは可能。

そして

最高の画質で人物写真

というのであれば、結局は今後出てくるであろうZの85mm F1.2や105mmに置き換わるワケで

現時点のZマウントの85mmと50mmを無理して優劣つけるのであれば

50mmを買うのが正解になると思う。

これはきっと自分に言い聞かせるために書いているんだろう

そりゃそうだ。

金があったら85mmと20mmを買ってる。

50mmの画角はとても無個性で

Zの50mmの絵作りは(ZのF1.8シリーズは全て)、超高画質で正確だけれども無個性で

撮り手に個性が無かったら無個性な写真になりやすい。それでも画質が良いだけで良い写真になりやすいというのがズームとの違い。

85mmで人物撮影をすると

雑に撮っても背景ぼかしておけば、それなりに良い写真っぽいのが簡単に撮れる。

被写体が美人なら、それだけで完成してしまうだろうし

その美人な被写体が喜んでくれそうな写真が簡単にとれる。

レンズのチカラにどっぷり頼れるのが85mm単焦点

だから

Zの85mm単焦点を買う意味は当然ある。

※追記2020/04/23:色々書いたけどヤッパリ85mm F1.8が欲しい(笑)ずっと使ってきて慣れてる焦点距離だから。27-70mm F4と焦点距離が被らないってのもある。最後の最後まで悩みそうだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください