DaVinci Resolve とVRAMの関係

例えば

パソコンのメモリが8GBで

足りなくなってHDDのスワップファイルが動きだしたら

スピードが相当に遅くなりますが

DaVinci Resolveにおいて

VRAMが足りなくなりパソコンのメモリを使用すると

HDDのスワップメモリを使用するのと全く同じ感覚で遅くなります。

加えて

いまパソコンを買うとして

メモリ8GBって

すぐスワップが発動しそうで少ないと感じる人が大半だと思いますが

DaVinci ResolveにおいてVRAM8GBも

同じ感覚で少なく感じます。

ところが

GPUでVRAM8GBって現時点で最高級機レベルです。

パソコンのメモリ感覚で「VRAM16GB欲しいなあ」

とか言い出したら

NVIDIA® Quadro RTX™ 5000やNVIDIA® Quadro RTX™ 6000レベル

VRAM32GB欲しいなあ

とか言い出したら

NVIDIA® Quadro RTX™ 8000 PassiveやNVIDIA Quadro GV100レベルになります

VRAMをパソコンのメモリを同じ感覚で語るのは間違ってる、と思うかもしれませんが

DaVinci Resolveに関しては

パソコンのメモリは16GB欲しいなあ32GB欲しいなあ

という感覚がVRAMにもそのまま当てはまります。

スワップのような遅延を発生させず快適に動画編集するには

VRAM32GB欲しくなります。

とはいえ

DaVinci ResolveでフルHDや4Kの動画をカットして編集して出力するだけだったら

VRAM6GBでもいけるかなーとは思います。

そこにノードを複数加えたり、ちょっとの3Dオブジェクトを加えたりすると

パソコンでいうところのスワップメモリが発生し急激に遅くなります。

そして

DaVinci Resolveはノードや3Dを駆使することが面白かったりするので

VRAMの容量やGPUの性能が欲しくなるんですよねー

だからといって

DaVinci Resolveを動かすにはVRAMが32GB以上ないとダメなのか?

というと、そうではありません。

多くの人が工夫して使っています。

どういった工夫があるかは色々な方がネットにアップしているのでそちらで確認してみてください。

VRAM6GBでも必要十分レベルで動きます。

DaVinci Resolveの元が

パソコン込みで3000万円から1億円で売られていたソフトということもあり

完璧に動かそうと思うと100万円レベルのパソコンじゃ足りないのですが

別の角度から見れば

工夫次第でそんな高レベルなソフトが無料、もしくは3万円台で購入でき

家庭のパソコンで使えるのが凄いですよね

そこで考えるわけです

GPUは何にすればよいのか

予算が許すだけ高いGPUを買うのが正解ですが

個人レベルのGPUでは

結局、スピードの低下は発生します。

仮に

GeForce RTX 2080Ti VRAM11GBクラスで

複数のノードがあって3Dのオブジェクトもあって

そこにちょっとの変更を加えたので再生して確認

とやっても、たぶんカクつくのでキャッシュなりレンダリングなりしてからの再生になるでしょう。私はGeForce RTX 2080Ti使ったことないので実際のところ解りませんが(ここ重要)

どうせリアルタイムでの確認は無理でプレビュー再生までにちょっと待たされる時間が発生するなら

NVIDIA GeForce GTX1660Super VRAM6GB

でも良いかなーと私は妥協しました。

NVIDIA GeForce GTX1660以下はダメとはいいませんがやめた方が無難です。

GeForce RTX 2080とGeForce GTX1660の差は

キャッシュ作成、レンダリング処理の時間の差、最終的な動画への書き出し時間の差になります。

ようは待たされる時間の差であって、高いGPUでも個人レベルで買える程度なら大なり小なり待たされることは確実なワケです。

多少は

リアルタイムで確認できる範囲がGeForce RTX 2080の方が増えると思いますが

DaVinci Resolveを使い込んでいけば

個人で購入可能なレベルのGPUでは

リアルタイムでのプレビューの確認は難しくなり、編集中に待たされる時間が発生すると思いますよ。まあ、私はGeForce RTX 2080Ti使ったことないので実際のところ解りませんが(ここ重要)

多くの人がおっしゃってますが

DaVinci ResolveはVRAM含めたGPUの性能が最も大事で、次にCPUの性能、次にメモリの容量です。

CPUは第9世代のi5以上、メモリは16GB以上な感じです。

GPUの重要度が高いので

Adobeのプレミアに比べると4K以上の動画に強いと言われていますね。

フルHD以下ならCPUの重要度が高いプレミアの方が快適みたいです。まあ、私はAdobeのプレミアを使ったことがないので実際のところは解りませんが(ここ重要)

最後に

私がNVIDIA GeForce GTX1660Super VRAM6GBでDaVinci Resolveを使ってみた感想ですが

ギリギリです。

工夫次第でどうにか使えますが、時々パソコンの再起動が必要になることもあります。NVIDIA GeForce GTX1660以下を買うことは絶対に薦めません。

GeForce RTX 2080クラスを使えばだいぶ快適になるんですかねぇ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください