ゲームする人と動画編集する人で評価が分かれるRTX3060

RTX3060はVRAMを12GB積んでいることでちょっとした論争になっていたりしますね

上位機種である3080、3070、3060TiでもVRAMは10GBか8GBなので

最下位モデルである3060に12GB積まれていることが不思議がられています

色々検索してみると

現時点(2021年1月14日)ではVRAM8GB以内で納まるゲームが多いらしく

VRAM8GB以内で納まるならGPUコアが高性能の方が快適にあそべるのでVRAM12GBは無意味に近いんじゃないか?って感じのようです。

ただ、少しずつですがVRAM8GBでは足りないゲームが増えてきて、それに対応させる意味でVRAMを12GBに増やしてるんじゃないか?という感じに受け取っている人が多いようですね。

でも、VRAMが足りないってことなら上位機種はなぜ8GBや10GBなんだ?って疑問が残るので論争になってるんでしょうね

これが

動画を編集する人たちだったら話は変わってきます

とくに

DaVinci Resolve

でしょうか

DaVinci Resolveにとって重要なのは

VRAMの量、GPUのコア性能、CPUの性能、メインメモリの量、の順になります

VRAMがいっぱいのってるグラフィックボードはGPUコアも高性能なモデルばかりで必然的に価格が高くなります

なので

GPUコア性能はそこそこでいいからVRAMいっぱいのせて、比較的安価なGPUがでないかなー、ってのは

DaVinci Resolveユーザにとっての理想ではありました。

極端なこと言えば

GTX1660SuperでVRAM16GBとかで安かったら最高なワケです。

VRAMの感覚をパソコンのメインメモリに置き換えて言うなら

高性能CPUでメインメモリ8GBのパソコンと

ミドルレンジCPUでメインメモリ16GBのパソコンとの比較って感じで使い勝手に影響します。

なので

RTX3060に12GBで安価ってのはDaVinci Resolveユーザーの理想に近いワケですね。

特に4Kの動画編集だと

11GBあたりでVRAM使用量が高止まりすることも多々あり

動画編集する人間にとって12GBは物凄く絶妙な量だったりします

理想は16GB欲しかったですが、きっとそれは今後発売される上位機種に搭載されると思うので(上位機種なら24GB以上欲しい)

そういう意味でも最安価モデルに12GBってのがイヤな意味で(ほぼ問題ないけど、ケチらず16GBのせてくれよって意味で)絶妙なんですよね

とにもかくにも

RTX3060が4K動画編集を身近にするGPUなのは間違いないでしょう

追記:

nVIDIA公式の動画で「RTX30シリーズとスタジオドライバでDaVinci Resolveのマジックマスクを高速化」って言ってるね。マジックマスクは一例で他にもAIを使った機能はRTXシリーズで、特にRTX30シリーズだと高速化の恩恵があるのかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください