最初に購入したマウントを変えるユーザーは少ない

レンズ交換式カメラを購入した人は

最初に購入したメーカーのマウントを使い続けることが多いです

マウントの変更は金銭的な負担が大きいので

なかなかやらないですよね

しかし

ここ1、2年

ニコンから他社に移った人、結構いると思います。

上にも書いた通り

マウントの変更はなかなか難しいので

一度他社に変更してしまったユーザーは

たとえニコンが凄い機種を出したとしても

なかなか戻ってこないでしょう。

そう考えると

ニコンの経営が上向くのは難しそうですね。

マウントを変えるということは金銭的な余裕があるユーザーであり

ニコンにお金を使ってくれそうな金銭的に余裕のあるユーザーを手放してしまったとも言えます

そう考えると

次にニコンがどんな素晴らしい機種を発表したとしても

その機種を購入できる金銭的余裕のないユーザーばかりしか残ってないかもしれないので

やっぱり経営が上向くのは厳しいかも

って想像しちゃいますねー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください