これからiPhone14シリーズを買おうかと思っている人へのアドバイス

大雑把なイメージとして

『APS-C機以下のデジタルカメラを買うよりは安いよね』って感じで購入を検討すると良いと思います。

私は最近

iPhone 13 mini を購入しました

購入した理由は2つです

1つは

iPhone SE 第3世代が思ったほど安くなかったこと

2つ目は

ProやPro MAXを購入する予算がなかったこと

です

iPhone 13 mini を購入した結果

iPhone 13 ProやPro MAXがうらやましいな

と思ったので

iPhone14シリーズを購入する人が後悔しないよう

このブログを書くことを決めました。

まず1つ

iPhone 13 ProやPro MAXはRAW形式で写真が撮れる

私は

Lightroomを使えばiPhone 13 miniでもRAW形式で写真が撮れる

と思ってiPhone 13 mini を購入したのですが

そして実際、iPhone 13 miniでLightroomを使えばRAWで撮れるのですが

それでもなおiPhone 13 ProやPro MAXの方が良い理由がありました。

それは

『ナイトモードでもRAWで撮れる』

です

ナイトモード、凄い技術ですね

フルサイズのレンズ交換式カメラユーザーから見ても負けを感じてしまうぐらい唸ってしまう技術だと思います

これは上位レンズ交換式カメラでも採用した方が良い(昔ソニーのカメラで似た技術があったような)

というか

この機能をのせてこないとレンズ交換式のカメラはどんどん縮小していくことになるでしょうね

その凄い技術の『ナイトモード』で撮ったとしても

後で色温度だったり色々な変更を加えたいのですが

RAWで撮ることができれば、それが可能なワケです。

iPhone 13 ProやiPhone 13 Pro MAXでは『ナイトモード』でもRAW形式で撮影できるらしい。

iPhone 13 や iPhone 13 miniは標準カメラアプリでRAW撮影できない。RAW撮影ができるLightroomに『ナイトモード』はない、といった感じです。

だからiPhone 13 ProやiPhone 13 Pro MAXがうらやましいワケです。

『ナイトモード』のRAW形式ってだけでAPS-Cセンサー以下のカメラは不必要かな

と思えるぐらい凄い機能ですね

それが解ってても私は予算的に買えなかったのですが。

2つ目ですが

iPhone 13 ProやiPhone 13 Pro MAXはレンズが3つ付いてるじゃないですか。超広角、広角、望遠

ちゃんとしたカメラを持っている私にとっては望遠は不要なのですが

一番最初に書いた

『APS-C機以下のデジタルカメラを買うよりは安いよね』という感覚からすれば

iPhone 13 ProやiPhone 13 Pro MAXについてる3つのレンズは

レンズ交換式カメラを購入後に買う単焦点レンズ3本に近い感覚で(正確にはちがいますが)

特にそう思う理由が

iPhone 13 ProやiPhone 13 Pro MAXに付いてる望遠レンズのフルサイズ換算焦点距離が77mm相当なことなんですよね(iPhone 12望遠は65mm相当 )。

77mmならまあ、人物撮影で使いやすい距離になったかな、と思います

『ポートレートモード』でRAWが残せないのは残念ですけどね。

フルサイズ換算焦点距離が77mm相当に伸びたことで、ポートレートモードを使わなくても上半身より寄っているならギリギリ使い物になるボケになってるのではないかと。

3つ目はまあ

うらやましいというか精神的な問題というか

iPhone 13 ProやiPhone 13 Pro MAXの超広角レンズはオートフォーカス付くんですよね

iPhone 13 や iPhone 13 mini はパンフォーカスだからオートフォーカスはありません、と言われてもね。なんか精神的に不安になるよね(笑)

ということで

『写真を本格的にやってみたいな』って思った時

APS-Cセンサー以下を買うくらいなら

レンズ3つ付いてるiPhone 13 ProやiPhone 13 Pro MAXを買ってRAWで撮ってパソコンのLightroomで編集した方が良くない?って思うんです。

だって

■手持ちでHDRでRAW保存

■手持ちでナイトモードでRAW保存

これ、フルサイズのちゃんとしたカメラでもiPhoneに負けてない?

手持ちでHDRは本格的なカメラだと相当に難しいし

ナイトモードのRAWの画質と

手持ちで撮れる感度まで上げたフルサイズのRAWの画質

どっちが綺麗かな?

フルサイズじゃなかったらもう、ナイトモードのRAWの方が余裕で画質勝ちそう

APS-Cセンサーのレンズ交換式カメラとズームレンズ1本だったり、もしくは単焦点レンズ3本

の金額を考えたら

最初に書いた

『APS-C機以下のデジタルカメラを買うよりは安いよね』

ってなるんですよね

iPhone 13 miniを購入した私はうらやましいというか悔しい気持ちになっているわけです。

なので

今後出てくるであろうiPhone 14シリーズを買おうかと思っている人は

ここら辺をよく考えて購入すると良いと思いますよ

って話です

大事なのは

■iPhone 標準カメラでRAWで撮れること

■レンズが3つ付いてること(というか広角と望遠が付いてること)

ですね

 

 

ああ、忘れてた

LiDARいいよね

これもiPhone 13 ProやiPhone 13 Pro MAXだけでしょ?

LiDARのおかげで暗所のAFも安定化して高速化もされてナイトモードと相性がいいよね

LiDARもレンズ交換式カメラに欲しい機能だよなー

なので

iPhone 14シリーズを購入するうえで大事なのは3つ

■iPhone 標準カメラでRAWで撮れること

■レンズが3つ付いてること(というか広角と望遠が付いてること)

■LiDARが付いてること

趣味で本格的に写真をやってみたい人にとって

『APS-C機以下のデジタルカメラを買うよりは安いよね』

って見方が良い感じ。

 

 

もちろん

カメラ目線で見た場合

欠点もあります

iPhone で撮った写真が綺麗に見えるのは

スマホで見た場合やSNS上で観た場合で

ブログで画面いっぱいに写真を載せていて、それをパソコンで見た場合とか

プリントした場合とかは

画質のアラは結構目立つこともあります。

超広角とか、結構画質粗いですもんね。

スマホでRAWで撮ってパソコンでLightroomで編集してると

スマホの画質ってやっぱり粗いなーって思います

ただ

今は写真の鑑賞のほとんどはスマホだったりネット上なので

スマホカメラの欠点は目立ちにくい世の中になってると思います。

そこらへん上手く割り切れば使う予算も合理的に減らせiPhoneもお得に感じると思いますね。

それに

やっぱり

手持ちHDRとナイトモードのRAWは凄い

カメラユーザーとしても脅威に感じますね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください