Nikon Z9での野鳥撮影で思うこと

色々ネットで見て回って思ったことなんですが

超望遠を使って撮っている場合

ファインダーで鳥を追いかけている時って

無茶苦茶ブレてるんですね

まあ、あっちゃこっちゃに飛び回る鳥を超望遠で追いかけているんだから当たり前ですが

あのブレているファインダー像で「鳥」と認識するのって大変だろうな、と思いました。

人間の眼ですら「ブレた影」くらいにしか見えない。

ファインダー像が比較的安定していれば認識も速いんだろうけど飛び回っている鳥を追いかけるのであればファインダー像がブレまくるのは仕方ないよね。

一眼レフの位相差AFなら鳥と認識する必要はなく、フォーカスポイントでピントが合えばいいだけなんだろうけど

鳥認識は鳥と認識させる必要があるワケで

画像認識のハードル高そうだなって思いました。

あと

Zレンズがないよね、超望遠域

多くの人がFマウントレンズ使ってたし、そこらへんもまだまだZ9の性能を100%だしきればい原因なのかもね

まあ

Z9持ってないから解らないんだけどね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください