TT685Nを購入しました

GODOXは最近カメラマンの間でも注目の照明メーカですね。

中国のブランドなので

ショップによっては丁寧に日本語の説明書を添付してくれてるところもあるようですが

私はAmazonで購入したので、説明書は英語と(たぶん)中国語。

私は英語も中国語も解らないので説明書を読むことはできませんが、既にGODOXのX1NJを使用していたので問題ないと思って購入したところ

そこそこ混乱したので、備忘録も兼ねてブログを書き残すことにしました。

困った時、サポートに連絡できないのは海外メーカーのデメリットですね。

逆に、自分で解決できれば安さが最大のメリットになるワケですが。

まずTT685Nの特徴を。

TT685Nの最大の特徴はニコン用でi-TTL調光が使えることです(キヤノン用はTT685Cです)。

しかし、私はTTLを使う予定がないのでTTLの無い(ニコン用である必要もない)もっと安いモデルを購入しようと思ったのですが

そうなるとワイヤレス接続時、ラジオスレーブ時、オフカメラ時(オフカメラが一般的な呼び方かな)にハイスピードシンクロ(HSS)ができないので

仕方なくTT685Nを購入しました。

私がTT685Nをテスト使用して最初に困ったことは

X1Nの送信機とTT685Nの接続が安定しないことでした。

個体の不具合なのか仕様なのか解りませんが

一応、接続させる方法を紹介します。

まず、電源を入れる順番は

1.カメラ

2.TT685N

3.X1T送信機

です。

この順番に意味があるか正直解りません。

ただ、つながらない中で色々試した結果、この順番が一番安定しました。

「安定した」とは、下記のやり方含めてのことです。

TT685Nの電源を入れたところでスレーブモードにしてチャンネルとグループの設定をします(基本、好きな設定にしてください)。

次にX1T送信機の電源を入れてチャンネルとグループをTT685Nのチャンネルとグループと同じにします。

ここではスレーブモードの切り替え方とチャンネルとグループの説明をしませんが、ようは送信機(X1T)と受信機(今回はTT685)のチャンネルとグループを同じにしてください、ということです。

普通はこれで接続できると思うんですけどねえ。

安定しないんですよね、接続できないこともある。というか、ほぼ接続できないんだけどね。だから不良品かと焦る。

X1T(送信機)のテスト発光ボタンを押して発光しなかったら接続できてないので

その場合はX1T(送信機)のMODEボタンを連打します。

そうすると、それに合わせてTT685Nの背面液晶のモードの表示も変わっていくと思います。連打といってもボタンを押すスピードが早い必要はなく、ようはMODEを切り替えるとなぜか接続されますよ、という意味です。なぜ連打と書いたかというと、私はマニュアル発光モードで使用するのですが、MODEボタンを押すたびにi-TLL MODEに変わったりするので、再度マニュアル発光モードに戻すまで連打しているだけです。

これでテスト発光ボタンを押せば発光するハズです。接続もOKなハズ。

接続がOKならTT685N背面液晶の左下に「Nikon」の文字が表示されていると思う。

困ったことに

接続がOKになっても、使用中に接続が切れることが良くあります。

左下に「Nikon」の文字があっても接続がきれていることもあるし

発光はするのにX1T(送信機)側で光量を変更してもTT685N側の光量の設定が変わらないこともある。これも接続不良の1つだと思う。

これは2.4GHz帯を使っている宿命なのかな。Cactusだとだいぶ接続が安定するという話は聞きますが、値段がねえ。

そういう時も

X1T(送信機)のMODEボタン連打で接続できます。

X1T(送信機)側もTT685N側もチャンネルを変えてからX1TのMODEボタンを連打すると、混んでいるチャンネルを回避でき、より接続が安定するかもしれませんね。

次に

TT685Nのファンクションの設定です。

背面液晶の下に4つ並んだボタンの一番左を長押しするとファンクションの設定変更画面になります。

ダイヤルを回すと設定項目が選べ、OKボタンを押すと設定が変更可能になり、そこでまたダイヤルを回すと設定が変更され、OKボタンで確定です。

私はまず、BEEP音の設定を変えました。

初期設定はOFFになっていますが、私はONに変えました。

これにより、チャージ完了のビープ音が鳴ります。

また「LIGHT」の設定も変えました。

初期設定は「12sec」ですが私は「ON」に変えました。

これで常時背面液晶のバックライトが点灯しっぱなしになります。

バッテリーを長持ちさせたい場合は良くない設定かもしれませんが、私はONにする必要がありました。

それは、接続が切れたかどうか確認するためです。

使用中に接続が切れた場合は、X1T側で光量の設定を変えてもTT685N側の液晶画面で光量の設定が変わってない時があるんですね。

それでも光る場合があるが厄介で

「あれ?光量が変わってない」と気づいたら

すぐ、TT685Nの背面液晶で光量設定を確認します。X1T側の光量設定と違っていたら接続不良状態です。

この確認作業が、真っ暗闇で背面液晶のバックライトが12秒で消える設定だと確認作業の為にバックライトを付けるひと手間が面倒なので

背面液晶のバックライトの光が撮影に影響しない限り常時点灯設定にしています。

そして

背面液晶の下に4つ並んだボタンの一番右のボタンを押すと設定完了です。

最後に

TT685N背面液晶の下の4つ並んだボタンの一番左のボタンのさらに下のボタン

「MODE🔒」ボタンを長押しすると

設定がロックされます。

私はこれをよく使います。

私がオフクリップで撮影する場合は

スピードライトを左手でもってカメラを右手で持って撮影することが多いんですが

スピードライトに取っ手を付けて、その取っ手にストラップを付けて肩にかけて持ち歩くとき

チャンネルやグループのボタンが勝手に押されて設定が変わってることが良くありました。

それを防ぐためにロック機構を使用します。

ロックしてもX1T(送信機)でのマニュアル光量変更は反映されますので大丈夫です。

上記で「背面液晶のバックライトを常時点灯させている」と書きましたが

常時点灯させなくても、ロック状態で「MODE🔒」ボタンを押すとバックライトが点灯しますね(何のボタンでもOKなんでしょうけど)。私はそのひと手間が面倒なので常時点灯させていますが。

これが私の設定です。

この安さでここまでちゃんと使用できると

コストパフォーマンスが良いですねー

時々接続が不安定になり、そこが安さのデメリットかもしれませんが

電波が混雑している2.4GHz帯を使用しているので

どこのメーカーのものでも、大なり小なり

使用中に接続が切れることはあると思います。

最初に接続するまでがね

上手くいかずに「安物買いの銭失いをしてしまったー」と後悔しやすいので

そうなりかけている人の手助けになればと思い

ブログを書きました。

お役に立ちましたでしょうか。

今まではX1NJという送受信機セットのものを購入し

受信機にニコンのSB-900を付けてオフカメラ撮影してました。

TT685Nにしたことで受信機分の重さが減り、使用する電池も2個ほど減りました。

買って良かったと思います、いまのところ。

後日、何かまた解ったらブログ書きますね。

※追記1:オフカメラでハイスピードシンクロ(HSS)を試しましたが、十数回、1/4000、1/2000、1/1000、1/640秒と問題は出ませんでした。カメラはD750、送信機はX1、単三電池はエネループを使用しました。