ニコンがタイにカメラ生産を集約したことって正解だったのかね

Zfcの「28mm f/2.8 Special Edition キット」が発売時期未定になったそうで。

改めて思うんですけど

タイにカメラ生産を集約したことって正解だったんでしょうかね?

端的に言えば

安く作りたい

ってことだったんだと思うんですけど

今回のコロナで

特に今

タイは大変な状況にあり

だから

Zfc「28mm f/2.8 Special Edition キット」の発売が伸びたか不明ですが

タイにカメラ生産を集約したことの悪影響があったんじゃないかと想像しちゃうんですよね(ニコンは想像以上の予約があったから、と言っていますけどね)。

そして

タイにカメラ生産を集約することで見込んでいた利益以上の損失がでちゃってるんじゃないかなー、と。

新型コロナウイルスのようなことが起こることを想像するってのは難しいワケですから仕方ない

今回の結果だけ見て判断するのは間違い

ってのはあるでしょうけど

私はやっぱり

海外の一カ所に集約するって

その国が何かあったら

その国との国交で何かあったら

リスクでかいなあ

って思うんですよ。

経営として

タイに集約って本当に正しいんですかね?

ニコンって昔からおかしなところがあるというか

my Picturetown 3Dとか

誰が見ても成功しないって想像できそうなもんなのにやっちゃって

案の定、上手くいかないとかさ。

DLでしたっけ?

出したら売れそうなものは出さなかったり

世間の声とズレまくりなことを時々やる感じがあって

タイに集約も

品質云々ではなく疑問だったんですよ

1か所じゃ、ちょっとしたことで安定供給が難しくなりませんか?って。

いやまあ

私より頭の良い人たちが考えたことだから正しいと思うんですけどね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください