Zマウント単焦点、広角、標準、望遠、の使い方

広角域 NIKKOR Z 20mm f/1.8 S

標準域 NIKKOR Z 50mm f/1.8 S

望遠域 NIKKOR Z 85mm f/1.8 S

がそろいました

画質や色味は同じで画角が違うだけ

という感じですが

実際のところ

NIKKOR Z 50mm f/1.8 S が100点の画質だとしたら

広角域 NIKKOR Z 20mm f/1.8 S と 望遠域 NIKKOR Z 85mm f/1.8 S が101点って気がするんですけど気のせいかな?

私のこの3本の使い方ですが

NIKKOR Z 50mm f/1.8 S と NIKKOR Z 85mm f/1.8 S は同じ写真を撮る感じです。

正面から正確に美しく

が基本的な撮り方になるかな。

基本はNIKKOR Z 85mm f/1.8 Sで撮って

距離が足りない時にNIKKOR Z 50mm f/1.8 Sを使う感じ。

本当は50mmなら50mmの画角を活かした撮り方

85mmなら85mmの画角を活かした撮り方

というのが正解なんだと思いますが

私の場合はこういう使い方になります。

だいたいこの2本で9割の写真を撮る感じでしょうか。

同じ感じの写真ばかりで飽きさせないように

たまにNIKKOR Z 20mm f/1.8 S を使う感じになります。

広角域でNIKKOR Z 35mm f/1.8 S を選ばなかった理由は NIKKOR Z 85mm f/1.8 S との違いをできるだけ大きくするためです。

NIKKOR Z 24mm f/1.8 S にしなかった理由は、24mmという画角がほとんどの標準ズームに採用されているから。珍しさを得るためにNIKKOR Z 20mm f/1.8 Sにしました。「おおっ!」って言わせたい狙い。

ここまでは写真の場合で

動画だとメインは NIKKOR Z 50mm f/1.8 S と NIKKOR Z 20mm f/1.8 S になります。

NIKKOR Z 85mm f/1.8 S はフォーカスブリージングに対応してないみたいだから、三脚でピント固定時以外は動画で使用しません。

それにあわせてNDフィルターも買い替えました

可変NDから固定ND64に。

可変NDで光の乱反射を経験していて、固定に変えました。あと、ムラも怖い。

(NDフィルター無しじゃ明るすぎるけど)ND64もいらない程度の明るさの場合はISOを上げて対応

(夏場快晴等、明るすぎて)ND64じゃ減光が足りない時はシャッタースピードを上げて対応

この方法ならISO上げによる画質の劣化も最小限、シャッタースピード上げによるパラパラ現象も最小限

だと考えND64にしました。

以上です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください