Nikon Z6のRAWをLightroomの『カメラ設定』で読み込んだ場合に何が反映されるのか

LightroomでRAWを読み込むとき

カメラ内の設定はどこまで反映されるのか

検証してみました。

 

■反映されるもの

ピクチャーコントロール

ホワイトバランス

輪郭強調

高感度ノイズ低減

アクティブ-D-ライティング

コントラスト

色の濃さ(彩度)

 

■反映されているがRAW内に記録されているので変更できないもの

ヴィネットコントロール

 

■反映されてないもの

明瞭度

ミドルレンジシャープ

明るさ

 

■解らないもの

トーンカーブ

 

詳しく説明すると

・ピクチャーコントロールはLightroomで「プロファイル」として反映されています

・ホワイトバランスはLightroomで「色温度」「色かぶり補正」として反映されています

・輪郭強調はLightroomの「シャープ」として反映されてます、ただし下記に※注1アリ

・高感度ノイズ低減はLightroomの「ノイズ軽減」で反映されています。

・アクティブ-D-ライティングはLightroomの「ハイライト」「シャドウ」で反映されています

・コントラストはLightroomの「コントラスト」で反映されています

・色の濃さ(彩度)はLightroomの「彩度」で反映されています

 

・ビネットコントロールはRAW内で反映されていますがLightroomでいじることはできません。Lightroomの「レンズ補正」の「手動」の「周辺光量補正」や「効果」の中にある「切り抜き後の周辺光量補正」で反映されているかと思っていましたが、補正内容はRAW内反映でした。

 

・明瞭度はLightroomの「明瞭度」で反映されるかと思いましたが、反映されていませんでした。RAW内でも補正は反映されていないようです。

・ミドルレンジシャープはLightroomの「テクスチャ」で反映されるかと思いましたが、反映されていませんでした。RAW内でも補正は反映されていないようです。

・明るさは反映されていませんでした。RAW内でも反映されていないようです。

・Picture Control Utilityでいじったトーンカーブは多分、反映されていません。Lightroomのトーンカーブには反映されていませんし、RAW内でも反映されていないような感じです。確信できるほどハッキリは解らなかったので「解らない」にしています。

 

※注1

カメラ側の輪郭強調が0の場合Lightroomの「シャープ」も0になりますので、カメラ側で輪郭強調が-1以下になってもLightroomの「シャープ」は0よりも下がらず反映されません

 

今回の検証でシャープについて気づいたこと

Z6の輪郭強調はLightroomの「シャープ」の「半径」で2になるんですね。

2は輪郭太いかな、と思いますので

Z6のシャープは輪郭太いかも。

時々

「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S、NIKKOR Z 50mm f/1.8 S、NIKKOR Z 85mm f/1.8 Sはシャープだけど輪郭線が太い」と言われることがありますが、もしかしたらそれはカメラ内JPEG化の時に起きる現象なのかもしれませんね。

 

※あくまで私が自分で検証し、私の感覚の部分がありますので正確さに欠けるものもあります。例えば「ヴィネットコントロール」は、目視で反映されていると感じただけで、本当に反映されているかは解りません。同じく「明瞭度」や「ミドルレンジシャープ」は目視で反映されていないと感じただけで、実際は反映されている可能性もあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください